コインチェックの取り扱う通貨についてまとめてみた。

ネムっていいですか?イーサリアムっていいですか?というような質問を頂くようになりました。

そう聞きたくなる気持ちも分かるのですが、大事なのはその通貨がどんな役割があり、どんなプロジェクトなのかを自分自身で把握することです。

よく分からないけど皆が良いと言うから買ってみよう!って考えの人は暗号通貨で資産を増やすのは難しいと思います。

私自身も初めて通貨を購入する時は、聞いた通貨を片っ端から購入していたので詳しそうな人に聞きたくなる気持ちは十分にわかりますが、自分自身でも1つ1つ通貨について調べて知識を蓄えるのは大事です。

今回は、コインチェックで取り扱いのある通貨についてまとめてみました。

コインチェックの登録がまだの方はコチラを参考に。

コインチェックで取り扱ってる通貨まとめ

ビットコイン(BTC)とは

ビットコイン(Bitcoin)とは、インターネット上で取引や通貨発行(採掘「マイニング」)が行われる分散型仮想通貨のこと。ブロックチェーンという暗号技術を利用し、政府や銀行などの中央機関を介さず、P2P(分散型)ネットワーク上で取引が行われるため、取引の仲介手数料が低く海外への送金など世界各国で誰とでも紙幣取引ができる通貨です。

電子マネーとも類似する部分もあるが、ビットコインは日本円と米ドルのように交換レートがあり、常にレート変動しています。その為、円やドル、ユーロといった通貨と同じ性質も持ち合わせています。

仮想通貨内ではビットコインが基軸通貨になっています。

ビットコインキャッシュ(BCH)とは

2017年8月にビットコインから分裂した新しい通貨ビットコインキャッシュとは、ビットコインが取引量が増え取引スピードの低下などの問題を解決するために一部のビットコインマイナーが生み出した通貨です。

ビットコインとの大きな違いとしてブロックサイズ(取引データ)が1MBから8MBと大容量になったという点です。

イーサリアム(ETH)とは

イーサリアムとはビットコインの次に時価総額が高い仮想通貨です。(2017年10月現在)

スマートコントラクトという技術が他の通貨との違いです。スマートコントラクトには、取引で行われる契約を自動的に実行・保存していく機能があります。例えば誰にいつ送金するといった契約内容が自動的に実行されるのです。中央機関を介さず契約内容を自動執行できる点がイーサリアムの大きな特徴です。

またイーサリアムのブロックチェーンを利用して誰でもアプリケーションを作成することができるのも大きな特徴です。

イーサリアムクラシック(ETC)とは

イーサリアムとの大きな差異はないものの、イーサリアムとは別のブロックチェーンに記録されています。

元々は1つのイーサリアムでしたが、THE DAO事件と呼ばれる事件がキッカケでイーサリアムとイーサリアムクラシックの2つに分裂することになり誕生しました。

今現状で2つを見比べればイーサリアムクラシックを保有するならイーサリアムを保有した方が良いと個人的に思っています。

イーサリアムクラシックについての詳しいページはこちら

リスク(LISK)とは

リスクはイーサリアムと同じく分散型アプリケーションプラットフォームの通貨です。

スマートコントラクトも兼ね備えているため、イーサリアムにとても似ていますが、リスクはイーサリアムにない特徴を持っています。

それがサイドチェーンです。イーサリアムやビットコインのようにメインのブロックチェーンを利用するのではなく、別の所にブロックチェーンを作って記録できるという仕組みです。

アプリケーション上で何か問題が起こっても対処がしやすい…これが、イーサリアムよりもさらに進化した特徴になります。

ファクトム(FCT)とは

ファクトムは、ブロックチェーン上に書類を記録して分散的に管理できる技術が特徴です。

大量の記録や書類などを中央のデータベースのみで管理するのは消失や改ざんなどのリスクがありますが、ブロックチェーンによって分散管理することで安全に管理が可能になります。

記録や書類などを分散して安全管理できるため、契約書や証券、登記などの管理など会社や国の全体を大きく変える可能性があります。

モネロ(XMR)とは

モネロは、匿名性の面でビットコインよりも優れているのが特徴です。

ビットコインは公開帳簿式になっており、誰がどこにいくら送金したかという記録が残り、それが誰でも閲覧可能な状態になっています。

ブロックチェーン上でアドレスを利用して検索すればどれくらいビットコインを保有しているか調べることが出来ます。

確かにビットコインも匿名性が強いと言われていますが、自分が所有しているビットコインアドレスから、どれくらいのビットコインを持っているか知られる可能性があります。

しかし、モネロの場合は外部からはそれを追うことができないという特徴を持っています。匿名で送金する場合などでは、モネロの匿名性を活かせるということですね。

オーガー(REP)とは

オーガーとはイーサリアムのスマートコントラクトプロジェクトの1つで、未来予測市場のための分散型通貨です。

例えば、野球やサッカーでどのチームが優勝するか予測するように「未来におこる出来事」にお金を賭けて、正しい予測をした方が通貨を得る。という一種のギャンブルのようなプロジェクトです。

ギャンブルの胴元とは違い、オッズ算出、掛け金預かり、事実認定、配当の一連の流れを全て自動で実行する特徴があります。

Zキャッシュ(ZEC)とは

Zキャッシュの特徴は、ゼロ知識証明を用いてブロックチェーン内の通貨の取引を暗号化する「高い匿名性」です。

誰が誰にいくら送ったかを第三者に明かさなくても、送金トランザクションの正当性を証明できることがZキャッシュの大きな特徴です。

取引を追跡できない完全な匿名性を実現化した通貨です。

また、リリース当初に53万円の急騰を見せ話題になった通貨でもあります。JPモルガンと提携したことも話題になりました。

リップル(XRP)とは

リップルとは、安い手数料で数秒という迅速なスピードで支払いができる特徴を持った通貨です。

海外送金、安い手数料が大きな特徴で、世界的に大手の銀行を初め多くの銀行がリップルネットワークに参画しています。

Googleが出資したことや、メガバンクである東京三菱UFJ銀行がリップルを使ったネットワーク利用を発表したことなどで一気に高騰し話題になりました。

ネム(XEM)とは

多くの資金を保有する一部の採掘者に報酬が偏らないよう設計され「富の再分配」と表現された通貨です。

POIという仕組みが採用され、ネムネットワークに積極的に参加しハーベスティング(マイニング)することで全ての人に平等に利益を得られます。また、処理速度は非常に高速で、ネムは省電力でハーベスティング可能、セキュリティー面も頑丈という特徴も持っています。

証明書発行ツールにより中央機関を介さず個人間での契約、証明、移管なども可能になることや、ネムブロックチェーン上でオリジナルトークンを発行することが出来るなど、今後のサービス発展が楽しみな通貨です。

詳しい記事はこちら:http://coffeetimes.hatenadiary.jp/entry/2017/10/08/214804

ライトコイン(LTC)とは

ライトコインはGoogleで働いていたチャーリー・リー氏により作られた通貨です。

大きな特徴はビットコインの4分の1のスピードで送金が完了するスピード性です。ただ初期のアルトコインということもあり、送金スピードが早い通貨は他にもありますので、優位性がなくなってきています。

日常的に利用できる場が増えることや、アップデートなどでまた違った見方がでるかもしれません。