グーグルアドセンスの禁止ワード具体例とNG画像【規約違反対策まとめ】

今回は大事な収入源になるグーグルアドセンス(GoogleAdSense)広告が規約違反(禁止ワードやNG画像など)でアカウント停止や広告が表示されなくなる問題への対策をまとめてみました。

Googleアドセンス広告を利用したことがある人なら、アドセンスの規約がいかに厳しいものかご存知だと思います。

広告を設置したはずが表示されなかったり、場合によってはアカウト停止されることもあります。しかも何も連絡なく急に停止されることがありますので、今回の記事を読んでいただきGoogleアドセンス広告がどんなキーワードが禁止なのか?どんな画像がNGなのか?を理解し、アドセンスの規約を守るべき大事な部分について詳細に解説していきます。

Googleアドセンス規約違反の基準

アドセンス規約を1つ1つ守ることは基本なのですが、ネタや画像を探すたびに規約と照らし合わせる・・・なんて作業は大変ですよね。

大まかな判断基準を知っておくと作業効率も上がります。

大まかな判断基準が「小学生と一緒に見て問題ないコンテンツ」という判断方法です。

アダルトなコンテンツや犯罪に繋がるようなコンテンツは小学生に向けてはNGですので、そういった記事や画像はGoogleアドセンスが嫌うコンテンツになる。そう大まかに解釈しておけばまずは良いと思います。

では、実際に詳細にどんなキーワードが禁止でどんな画像がNGなのかを解説していきます。

アドセンス禁止コンテンツ

アドセンスの禁止コンテンツはおおまかに分けると以下のコンテンツがポリシーに設けられています。

  • アダルト向けコンテンツ
  • 危害を加えたり誹謗中傷など攻撃的なコンテンツ
  • ハッキングやクラッキングに関するコンテンツ
  • 薬物や危険ドラッグに関するコンテンツ
  • 不正ソフトウェアやアドウェアに関するコンテンツ
  • お酒類やタバコに関するコンテンツ
  • 武器や兵器の販売に関するコンテンツ
  • 絶滅危惧種から作れた製品の宣伝や販売に関するコンテンツ
  • 報酬を提供して広告や商品のクリックを促すプログラムに関するコンテンツ
  • 違法または違法行為を助長するコンテンツ

ざっとまとめると上記のようなコンテンツは禁止です。

Googleアドセンスのコンテンツポリシーをまだ読まれたことない方はこちら

一般的なモラルを守る必要があったり、誰かが不利益になるコンテンツは禁止されてることが変わりますね。

アドセンスの禁止ワード

Googleアドセンス広告を掲載する場合に控えるべきキーワードをご紹介します。

「このキーワードを使ったら絶対にダメ」というキーワードもあれば、前後の文脈から総合的に判断されてNGに影響するワードもあります。

もちろん下記以外にも様々なキーワードがありますが、基本的にはグーグルの検索予測に登場しないワードは危険、ということを覚えてもらえればOKです。

主な禁止ワードはこちら

アドセンスが特に厳しいと思うのはアダルト系に対して一番厳しく対応しています。

また反社会的なワードに関しては、ドラマや小説の記事を書きたくて「死亡」というワードを入れたい場合ですが、他の言葉に言い換えて使いましょう。

「亡くなった」「力尽きた」など、直接的な表現を入れなければ大丈夫です。少しでも心配な場合はこれからのキーワードはなるべく避けた方が安心ですね。

いずれにしてもわざわざ危ない橋を渡る必要は無いので、出来るだけ安全なところを狙って記事を書いて行きましょう。

禁止ワードを避けるには「類語対策」

禁止ワードを避けるには、類語で言葉を言い換える方法です。

類語が浮かばない場合は、Googleなどの検索で「言い換えたい言葉 類語」と検索すると類語が検索されます。また、こちら「シソーラス」のサイトを使えば類語や反対語などの検索も簡単にできます。

アドセンスのNG画像

アドセンス規約の上でよく問題となるのは、画像コンテンツの利用の範囲ですね。

どのような画像がNGとなって、逆にOKとなるのか、非常に線引きが難しい問題でもあります。

ただ、今までアドセンスを実践してきた結果とアドセンスで稼ぐ方法を指導してきた結果から言えば、下記のような画像は絶対に控えるべきと言えます。

アダルト画像

セクシー女優の露出度が高い画像、その対象となるDVDの画像など。これはもうNGです。いきなりアカウントが停止することはありませんが、掲載したはずの広告が表示されなくなります。(画像を変更すれば表示されるようになる)

アドセンスはアダルト要素に対して一番厳しいので間違ってもこのような画像を使わないでください。

男女の露出度の高い画像

Googleアドセンスはアダルトにとても厳しいので、露出度の高い画像はNGです。

女性の画像は意識している方が多いですが、男性の画像もNGになる場合が多いのでなるべく避けるようにしましょう。

放送事故などの性的な刺激を伴う画像

胸の谷間やパ○チラなどのいわゆる放送事故と呼ばれる類のもので、女性の体の一部分が露出している画像もアダルトコンテンツ部分に属されるのでNGですね。

水着やグラビアなどの画像

芸能人の水着画像等を利用する人がいますが、これはあまり良いとは言えないので辞めた方が良いです。

一般人の画像

一般人の画像はNGです。よくやってしまいがちですが、自分の背景の写真を撮ったときに写り込んでしまった一般人を無加工でアップするのは良くありません。

一般人が写り込んでしまった画像をアップするときは、画像編集を行いましょう。こちらの記事「画像編集でモザイク加工する方法」をご参考下さい。

ディズニー関連の画像

ディズニー関連の画像は意外と知らない人が多いと思います。

ディズニーは世界屈指の著作権狂いとして有名です。

何気ない気持ちでミッキーの画像を利用したりすると、ネズミの国から強烈な制裁が来る可能性があるのでディズニーには間違っても手を出さないようにしましょう。

2chまとめサイトはNGワードを使ってるけど…?

アドセンスに関してよく質問が来るのが、2chまとめサイトはNGワードを使用しているのに、なぜアドセンス停止にならないのか?という問題です。

確かにこれについては疑問に思うこともありますが、大手の2chまとめサイトはアドセンスの種類が違うので、全体的に規約通常よりも緩和されているのだと思われます。

それに、そもそも2chまとめサイトはコピーコンテンツでパンダアップデートに引っかからないという、Googleから特別な扱いを受けているジャンルのサイトです。

なのでそのようなサイトと比較しても無意味ですし、2chまとめは特例中の特例と考えた方が良いでしょう。

アドセンスが停止された時の対処法

アドセンス広告が表示されない場合、アドセンスのアカウント自体が停止されてしまった場合の2パターンの対策方法をご紹介します。

特定の記事だけアドセンス広告が表示されない場合

その記事の「禁止ワード」「NG画像」があるから表示されないだけですので、禁止ワードやNG画像となる部分を編集し、少し時間を置くと自然と表示されるようになります。

アカウントが停止された場合

これは一番最悪なケースです。

Googleアドセンスのページにログインをしても画面が真っ白…これはもう終わりです。

アドセンスのアカウントが停止された場合、2度とアドセンス広告は使えなくなります。また未振込の報酬があった場合はすべて没収されてしまいます。

アドセンス停止を受けると振り込みは一切行われないですし、誰にもぶつけようのない激しい虚無感に襲われます。

あなたの名義では復活(再開)は不可能です。

今でこそちょっとした裏技を利用してアドセンス復活させることはできますが、そもそも停止をされないことが一番良いのは間違いないので、安全第一でブログを運営していくことを心がけましょう。

アドセンスまとめ

アドセンス規約を順守していく上でよく言われるのは、「子供と一緒に見て問題無いコンテンツの作成」です。

だからこそアダルト系や反社会的なものは避けるべきで、基本的にこの考え方を順守すればよほどの事がない限り、アドセンス停止などにビクビクしながら運用することはなくなるでしょう。

…でも、これってまだまだ曖昧な表現で、人によってはもっと明確な線引を知りたがる人もいます。

しかし、自分のブログをチェックするのはロボットだけではなく、稀にアドセンス側の人の目視が入るはず。人間が関わってくることですから、そこには見落としや誤差が生まれてくることになります。

つまり、Aという審査員から見てOKなキーワードも、Bという審査員から見ればNGワードかもしれません。

なのでそもそも明確な線引きというのは不可能で、僕たちができる最も有効な対策というのは、そもそも境界線に近づかないことなのです。

とにかくアドセンスの規約の厳しさは相当なものですから、細心の注意を払ってコンテンツを更新して行きましょう。

シェアする