Twitterアカウントを複数管理するTweetDeck(ツイートデック)の使い方

TwitterDeckの使い方

集客や収益化が可能なSNSの1つ「Twitter」

複数のTwitterアカウントを作成し2倍、3倍の収益化や集客に役立ちますが、複数アカウントを管理するのはなかなか大変なことです。それを簡単に管理できる便利なTwitterアカウント管理ツール「TweetDeck」の活用方法をお伝えします。

TweetDeckの使い方

まずはTweetDeckにログインします。

TwitterDeck使い方1

以下のURLからTweetDeckにログインしてください。その際にTwitterアカウントのIDとPASSが必要となります。

TweetDeck → https://tweetdeck.twitter.com/

ログインするとこのような画面になります。

TwitterDeck使い方2

複数のTwitterアカウントを登録します。

左側のメニューから「Account」→「Add another Twitter account 」をクリックして、管理したいアカウントを追加していきます。

すると、下記画像の画面が表示されるので追加したいTwitterアカウントのIDとパスを入力して、連携アプリを認証をクリックしてアカウント追加完了です。

Twitterアカウント複数追加方法

カラムの設定をします。

カラムとは、右側にTwitterアカウントそれぞれのタイムラインを表示させたり、メッセージ画面を表示させたり、通知画面を表示させたり自由に設定出来る箇所になります。これからお伝えする設定方法を見ながら、あなたなりにカラム表示を設定してみてください。

左側のメニューから「Add column」をクリックします。

TwitterDeckカラム設定

User・・・各Twitterアカウントのツイート内容をタイムラインで表示させます。

Messages・・・各Twitterアカウントのメッセージ画面を表示させます。

Messages (all account)・・・全体のアカウントのメッセージ画面を表示させます。

@Mentions・・・各Twitterアカウントの通知を表示させます。

@Mentions (all account)・・・全体アカウントのメッセージ画面を表示させます。

使用方法によってバラバラですが、メッセージや通知はall accountで表示させるとリアルタイムで全体の状況が把握できるので必須項目かと思います。

指定したアカウントでツイートをします。

左上の「New Tweet」をクリックします。

ツイートしたいアカウントにレ点を入れて、テキスト欄にツイート内容を記載しTweetボタンをクリックすればツイートしたいユーザーのみツイートをすることができます。

対象ツイートを複数アカウントでRT(リツイート)します。

対象ツイートにマウスを合わせると「返信アイコン」「RTアイコン」「お気に入りアイコン」が表示されます。「RTアイコン」をクリックし、RTをします。

TwitterDeckで複数アカウントでRT

RTするアカウントを選択します。TwitterアイコンをクリックしてRTするアカウントを選択しRetweetをクリックで指定したアカウントでRT拡散することができます。

リツイートする方法

始めは使いこなすまでに時間がかかるかもしれませんが、慣れればかなり使いやすく必須なシステムになります。これで複数のアカウントを管理して、集客や収益化に繋がて下さいね。

シェアする