vdice(vslice)の月1回のETH配当を受取る方法がやっと分かった。

vDice(vslice)の月1回の配当を受取る方法をまとめました。

vDiceはイーサリアム上ですでに稼働してるペッティングプラットフォーム。vDiceのコンテナアドレスには毎月ベッティングゲームでの利益の一部が溜まっていく仕組みになっており、vSliceホルダーに分配されます。

私はICO時に投資をしたのですが「配当の受取申請を忘れていた」と「配当の受取申請をしたのにエラーで受け取れなかった」この2点で、今まで数回もらえるはずの配当も今まで1回しか受け取れていません。汗

忘れていたのは仕方ないですが…エラーはなんでだっ!申請したのになぜエラーになってしまうのか?納得行かない!ってことで色々調べた結果、ようやく原因が分かったので、確実に配当を受取る方法をまとめてみました。

結論は申請期間のミス、つまり自分のせいでした。が、配当を受取る方法の日本語情報があまりにも無いため分かりにくい。そのせいで同じようにミスしてる人も多いと思ったので記事にしました。

ロック期間中に配当申請を送ること

まずロック期間中に配当を受け取らなければいけないのですが、私は英語が苦手で「Unlock」と表示されている時に配当申請をしていました。

カタカナ表記でアンロックと書かれていればすぐわかったんですが…完全に頭が弱いようです。

ロック期間かアンロック期間かは「コチラ」で確認出来ます。

ロック期間中にページを見ると下部に「Your profit」というボタンがあります。

「Your profit」をクリックし、自分のMyEtherWalletのアドレスを入力し「Calculate Profit」をクリックすると、自分が得られる配当額が表示されます。

今回このように表示されました。「Your profit excluding fee is 0.049679856678671667 ETH.」約0.0496ETHの配当がもらえるよ!ってことだと思います。恐らく。

配当申請に200,000ガス(数百円程度の手数料)が必要で、その手数料より配当金が少ない場合は「配当金が手数料に満たない」的な表記で表示されます。その場合は配当申請しても手数料だけかかって配当金がもらえない場合がありますのでご注意を。

vSlice(VSL)の配当を受取る方法

ロック期間内のみ引き出し可能です。再度ロック期間かどうか確かめましょう。コチラ

配当を受取る方法は「vDice公式HP」でも紹介されています。

ステップ1:

MyEtherWalletへアクセスし「Send Ether & Token」タブを選択する。

ステップ2:

秘密鍵を入力し「ロック解除」をクリック。(これは、あなたのVSLTokenを持つアドレスの秘密鍵でなければならない)

ステップ3:

「To Address」フィールドに下記のProfitContainerアドレスを入力する。

0x51FFC1b089392a5bb65BF24EAf04d07D0e6F88B5

ステップ4:

「Amount to Send(送金額)」フィールドに「0」と入力し、「Gas Limit ガス制限」に「200000」と入力します。

ステップ5:

「+Advanced:Add Date」詳細:データを追加をクリックし「0x2ebec916」を入力します。

ステップ6:

Ganerate Transaction(トランザクションの生成)をクリックし「トランザクションの送信」をクリックします。

これで申請は完了です。

配当の受取履歴を確認する方法

MyEtherWalletに秘密鍵を入力しログイン後、「Send Ether & Token」タブを選択します。

MyEtherWalletページの右下「Transaction History」の「ETH (https://etherscan.io)」をクリックします。

すると、自分のトランザクション(取引履歴データ)が表示されます。

「Internal Transactions(内部取引)」タブをクリックすると、vDiceからのETH配当がいくらなのか確認することが出来ます。

※注意

もし配当申請をしたトランザクションの左側にビックリマークがついていたら、配当申請はエラーということです。

再度、始めの方で説明した配当金の確認方法を見て「配当金があるのか?」また、アドレスやガスの入力ミス、データコードのミスがないか、確認しましょう。

vDice(vslice)の配当受取方法の解説は以上となります。